独学で中国語を勉強する方法

人気の外国語、中国語を独学で習得するなら、どのような勉強法があるのでしょうか。

中国語といっても、実は地方ごとに話す言葉が若干異なります。そこで日本語の標準語にあたるのが北京語です。一般的に中国語といった時には北京語のことを指すと考えてください。北京語を学習する上でとにかく重要になるのが発音と声調でしょう。

また、中国語には、簡体字と繁体字があります。簡体字と繁体字の違いについては、別の記事で説明したいと思います。

中国語は同じ単語でも発音の仕方によって意味が異なってくるので、発音と声調をしっかりと身につけることが学習の第一歩だといえます。同時に日本語にはない発音を聞き分けることも重要になってきますので、ともかく実際の中国語に慣れることが大切です。

中国人ネイティブの人が話す中国語をしっかりと聞き取れるようになるために、教材として中国映画などのDVDを利用する人もいます。映画を楽しみながら、中国語の勉強ができます。机に向かって、テキストで勉強するのが苦手な人におすすめの勉強法です。

また、中国語の学習人口が増えたことからか、独学向けの中国語教材や参考書は豊富ですので、色々と試してみると良いでしょう。例えば、網野智世子の動詞フォーカス中国語入門という教材があります。

中国語の学習をするのなら、やはり発音とリスニングが重要になります。日本語にはない発音、ピンインなどがあるので、CD教材など中国語ネイティブの音声を聞いて慣れることが大切です。中国語のピンインとは、漢字の読みをローマ字と声調記号で表したものです。

日本人にとって中国語はメジャーな外国語なので、参考書や教材はとても充実しています。中国語の独学に向いている教材もあります。独学で中国語を勉強する場合には孤独になりがちなので、FaceBookやWeChat(微信)などのSNSで中国人の友人を作ったり、オンライン中国語レッスンを利用して、ネイティブの中国人と会話する機会を設けるといいと思います。

日本にも中国人留学生や在住の中国人はたくさんいるので、日本に居ながら、中国人と接する機会を設けるのは、決して難しくないでしょう。

そうすれば、独学で中国語を学習していても、正しい発音や声調が身につき、モチベーションの維持や向上につながります。中国語を勉強で挫折することも少なくなると思いますよ。

以上、独学で中国語を勉強する方法について書いてみました。