ケアマネージャー独学勉強法教材

ケアマネージャーとは、ケアマネージメントを行う人で、日本では介護支援専門員が正式名称です。ケアマネージメントは、まずヒアリングから入ります。要介護者と家族の話を聞き、現状を把握し、相談に乗ります。

その上で、要介護者に最適と思われる介護プランを作ります。介護保険の計算もあり、介護者や施設、役所との橋渡しをするという役割もあります。ケアマネージャーは、試験を受けるための条件がかなり厳しく、長い実務経験を必要とされます。

介護や医療に関係する資格を持ち、その仕事に5年以上ついているか、福祉施設で介護の仕事を10年以上経験しているのが条件です。資格を満たすと、介護支援専門員実務研修受講試験を受けることができますが、合格した後も研修があります。研修が終わり、介護支援専門員資格登録簿への登録申請をして、交付を受けたら、やっと業務につけます。ケアマネージャーには、書類の作成や、介護サービスが開始された後のアフターケアなど、数えきれない仕事があります。

ケアマネージャーと介護福祉士の資格を保有している三島茂人という人が試験に短期間で合格するための勉強法をコンテンツとして販売しているとインターネットで話題になっています。三島茂人という人は資格の学校で講師でもしているかと思えば、そうではないようです。
自分が短期間の勉強で合格したので、それを教材化して販売しているとのことです。

なかには、三島茂人だまされた、なんてグーグル検索する人もいるのですね。独学でケアマネージャーや介護福祉士の試験に短期合格したい人は、三島茂人の教材を利用するのも選択肢の一つだと思います。

ある人は独学でケアマネージャーの勉強をして、その他の人は大原専門学校やLECなどの資格の学校などを利用します。いまでは、オンライン通信講座もありますし、介護系資格の勉強法として選択肢はたくさんあるのです。独学で勉強する時間が限られている人は、三島茂人のラクラク勉強法の利用を検討してみてくださいね。